スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク|-  -

thank you BASS

昨日無事に39回目のbirthdayを迎えて三十代も残すところ1年となった。

プラッキングを楽しもう

そんなテーマで今朝も釣りに行ってきた。


ヒートテックにフリース、でもってダウンその上カッパまで重ねて真冬の格好

それでも暑くない、足元なんて寒いくらい

年のせいなのか?


目覚ましの鳴る前に目が覚めるのも?


まあそのおかげで夜明けの時間を水に浮かんで迎えられる。


紀ノ川の夜明けの風景が好きだ、釣果の為ってよりこっちが重要だったりもする。

勿論釣れるに越したことはないけれど


Thank you Blackbass



おかげでメモリアルな釣りを楽しむことが出来ました。

サイズが39だったらパーフェクトだったのだけれどそこまで求めるのは贅沢ってもんですね。

Posted by オオタケ ユウキcomments(6)  trackbacks(0)

初めてのカヤック

 和田くんにとってはじめてのカヤック

正確にはカヤックでの釣りが初めてですね

思っていたよりも夜明けが遅くなっていました。

少しカヤックの練習をしてから釣り開始が良いと5:30頃出艇

ところが意外や意外

全く問題の無いパドリンング

どんくさいイメージは無理やり外部がこじつけたもの?

そんでもってすぐにバイトとってるし

結構離れていたけれどおもっきりバイト音聞こえたし

でもでも残念ながらバレてしまいましたね。

そしたらこちらにもバコっ!

良い引きでした。

無事にネットインし口を掴むと肉厚なプニュっとした感触

あの感触好きです。

かなり体高のあるブラックバスでした。

ここに居着いているっぽいブラックバス、餌を喰い過ぎだろうって感じでした。


程なく和田くんからキターって声が

デカイデカイ言うてました。

確かにサイズは長さは50UP


はい雷魚です。

もうそろそろ雷魚ともお別れでしょうか雷魚を釣った和田くんが羨ましかったです。


その後ちょこっとバイトはありますがのせられず人が増えてきそうなのでリザーバーに移動


大減水にちょっと萎えちゃいましたけど、二人で運べば案外楽に降ろすことができる。


対岸の和田くんの声が聞こえた

ロッドは弓なり

急いで和田くんの方にカヤックを進めようとしたのだけど

バレタ


かなり大きかったらしい、もしもキャッチしていたらフォトダービーの優勝を取れていたかかもって


でも流石に和田くん




このとおりカヤックでの初フィッシュもきっちりGET

いきなりポンポンと釣れたので今日はいいかもなんて思ったのですが

この魚を最後にバスの反応は0に




和田くんカヤックの釣りはいかがでしたか?




Posted by オオタケ ユウキcomments(4)  trackbacks(0)

今日の紀ノ川

 彼は、元キコリ。
今は、引退。
一部の人から『キコリ』と呼ばれていますがその呼ばれ方にかなり違和感があるようです。
そこで新しいニックネームを募集しております。


早朝から紀ノ川に現れる

昨日漁師が大きいのばらしたとか

分かれて別々のポイントを打つことにする。

遠くからキコリの声が聞こえる

暗がりの中で何度もジャンプする水しぶきと彼の白い歯だけは

遠くからでも確認することが出来た。

若干離れているのでしんどいがカメラを撮ってやらなきゃとキコリの方に向かう

と「バレタ!」

大きそうやったのに・・・




いくら引退したといってもやっぱり彼のニックネームはキコリが良いのでは?






Posted by オオタケ ユウキcomments(0)  trackbacks(0)

クリア

夜明け前からえっちらおっちら地獄のスロープでカヤックを運ぶ

満水情報でチャンスと思っていいた

何がチャンスって地獄じゃないこと楽に浮かべること

微妙にしんどいながら無事にカヤックで水面に出ることが出来た。

まだ辺りは真っ暗はるか向こうに点と外灯の明かりが見えるが

水に浮かんだ自分を照らしてくれるものではない

暗い中目指すはバックウォーター、マズメの良い時間に着けるように

とにかくパドルを漕ぐとことん漕ぐ

上流の橋をくぐるころには徐々に明るんできて、対岸の橋桁からキャストを開始した。

明るくなってわかったが水の色があんまり良くない、少し濁ってるような感じだ

橋桁はいつもの如く無反応

もう少し上流に進んだところのカーブになってるところ

いつも水の流れる音がしていて川筋があるのはわかっていたがこれまで進入不可能

増水のおかげで今日は進入可能

ジャングルを進んでいるような気分、アロワナやピーコックがドバッとでそうな

まあ細く短い流れ込みのような川すぐに最上流の流れ込み

こんな場所にはヌーダが効く

1キャスト目無反応

いてると思うんだが・・・と2キャスト目

水面がもわっ

やっぱいてるやんゆっくりヌーダを動かすが出ない、出ないけれどヌーダの後ろを

バスが付いてくる。うーん小さいか30cmちょっとの可愛い奴

カヤックの縁まで来るもんだからポーズでちょっとだけ動かすと耐え切れなくて口を使った。

喰ったわ!

けれどもすぐにバレた。

かかりが浅すぎたみたい

けれども一部始終目撃できて面白かった。

支流を離れ上流を目指す

鯉やフナが見えてきてと魚の気配が高くなってきた。

たまにバスもいるのだけど口を使わない

とにかく行けるとこまで行こうとパドルを漕いでいく

川とダムの水の丁度境界線のように泡、油分の浮いたところを過ぎると

途端に水がクリア

結構な水深があるにもかかわらず底まで青くはっきりと見える。

きれいや来て良かった。これだけでも来た甲斐あった。

しばし見とれてからナップを投げた

着水

切れのあるターン2回目でドバッと水面が割れた

えっデルノ?

めちゃめちゃ水のキレイなとこでバイトあるので喜びよりも驚きが先だった

やりとり中もすべてが目に入る

川とはまた違った引きを楽しめた。



その後最上流部まで行き

折り返して中流部で微妙なバイトがあり

ダムサイト手前まで行くが風が出てきたので帰ることにした。

手にしたバスは1匹だけであったがかなり満足出来る結果だった。

帰りに紀ノ川に寄ろうと思っていたけれど流れもありそうだったので

家に向かった。



























Posted by オオタケ ユウキcomments(2)  trackbacks(0)

夜釣り

 魚をばらしてしまうと釣りに行きたくて仕方がなくなります。

土曜日まで待ちきれなくてちょろっと夜釣りに出かけてきました。

最近慣れてないもので夜はキャストがどうなってるのかわかりません

暗い中のバイトはそれなりに面白い

ドキっとさせられてしまいます。

今日もまた926を巻いているとジュボっ

バシッとあわせますがあれっのってない?すっぽ抜けたーと思いきや

バコって音がしたと思いきやロッドがグイーンと曲がりました。

最近考えていたことがあります。早く取り込みたいと思うがうえにゴリ巻きして

ネットを差し出す。

これがバレの原因だったのかもと

今日はきっちりやり取りをするって決めてました。

でもってやり取り楽しみもっネットイン

けっこう良く引いてくれました。

1匹釣れれば十分だったのですが取りあえず最後まで打って帰ろう

で折り返し地点でジュボッ!

先ずは派手なジャンプを見せてくれます。

そこから走る走る

口切れ防止の為ドラグを少し緩めてあるのでラインも出て行きます。

あれれっジャンプしたのに鯉でも掛かった?

なんて思いもしたがバスでした。

50くらいはありそうな良いバスです。

こんな感じで仕事の疲れは癒されました。今夜は良く眠れそうです。

週末に期待


Posted by オオタケ ユウキcomments(2)  trackbacks(0)

逃した獲物は・・・

 連日の雨でどこも濁りが酷い紀ノ川へ

とにかくボウズ回避の為にまずは雷魚ポイントへ

クイックペンシルをターンターンターン

バコっ!

バイト音はバスっぽいでもなんだか首フル妙なファイト

ジャンプもないしあーこりゃナマズやな

なんて考えながら寄せてくるとバス



小さいですけどねぇーでもこのポイントでバス釣ったのは初めてっちゅうことで
幸先の良いスタートです。

小さなわんどなのですぐに終って濁ってる地帯へ

しばらく沈黙が続いたので今日もまた926登場

岸際にキャストして巻き巻きそして沈んだテトラを過ぎたところにジュポッとバイト

よっしゃキター

濁ってても釣れるやん

キレイなバスやし


今日はこのパターンかって感じの数投後にまたもやジュポッ!!!!

バイトの瞬間の顔半分を目視で確認

ヤバイ

デカッ

引く

テトラを回避してカヤックの際までは寄せられた

そこでまたぐいーんと強烈な引きロッドが曲がりいやのされてしまう。

うー・・・・

フッと軽くなった。

やられたーやり取り失敗や大きかったな〜面白かったな〜捕りたかったな〜



少し下流に移動すると異様なベイトの反応かなり小さいけれどコレはバス着いてるな

まだバス釣ってなかったRolly Cooをキャスト

チャッチャッチャッってイメージにバコッ!

はいきたーひくー紀ノ川最高!
今度は余裕のやりとりで無事にキャッチ

バラシたバスの2回りはサイズダウンだけど狙ったとおりの1本で言うことなし


上流の水の良いエリアに移動

これはペンシルでしょうということでヌーダをチョイス

ちょっと強めに動かしてるとバシャっと水面を割って横っ飛びバイト

ジャンピングバスやったなーあんなバイトはのれへんけどやっぱペンシル面白いな



そしてクライマックス朝一のポイントへもう一度入る。

926巻き巻き巻き巻き巻き巻き巻き巻きジュパッ

ゴリ巻きやー 

バス抵抗してエラ洗い!

デカイぞー

さっきの挽回やこれレコードストライク確定ちゃうかなんて余計なこと考えもって

またジャンプ

926はずれる

はいそれまでよ

こんな感じの釣りでした。

けっこう満足して釣りを楽しめたし釣り人も増えてきたので終了

いやー最近調子良いです。



------------------------------------------------------------------



でも実際バラシがあるから釣りって面白いんだと思う。

絶対にバレないフックなんてあったらここまで釣りにはまれないのだと思う。

鯉の吸い込み仕掛けみたいにフックの沢山付いたルアーって嫌やん

まあ面白そうだけど・・・・

本当に絶対にバレないフックなんて要らないと思う。

でも僕のルアーにだけなら付いていてもいいような。。。。

--------------------------------------------------------------------




しげちゃんへ

すっぽんいてる

多分ぎょうさんいてる

面白い捕り方ないかいな?



















Posted by オオタケ ユウキcomments(0)  trackbacks(0)

迷いに迷って

 今日こそは紀ノ川の本流でと早起きしてでかけるも雨

薄暗いのではっきりしないけれど流れがありそうだ

危険を冒してまで釣りをしちゃいけないとリザーバーへ車を走らせた。

リザーバーに到着

出そうと思っていたスロープ付近にはヘラ師の方の車が2台駐車

これは無理

もう一度紀ノ川の別ポイントへ車を走らせる。

上流部もやっぱり流れがきついっていうか上流の方がむしろ流れてる。

リザーバーへ再度引き返す。

着いたころにはすっかり夜が明けてしまってた。

マズメには浮いていたいところだけれど雨だし関係ないかということで

苦労して大減水のリザーバーにカヤックを浮かべた。

まずは期待の川筋

なーんもなし某ビルダーさんが言っていた通り中々厳しい

きっついなー無理してでも紀ノ川行けば良かったんやろかなんて考えていたら

和○さんよりメールが届く


ごっついバス釣ってるし

奴はなかなかやるなー

このメールをヒントにルアーをダコタにチェンジ

1投目

悔しいほどに良く動きやがる

2投目

さらに長くスライドさせてみるとドバッ!

良い感じのバイトだったけれども残念ながらのってくれない

ルアーの動きについてきてくれなかった感じ


その後なーんもなくバックウォーターを折り返す。

わんどに入ると水が茶色に変わる

今日はもうあかんかも

雨はダブルスイッシャーやろ

最近調子よく釣れてるホッピー926にルアーチェンジ

もう帰ろうかもう一回紀ノ川に行ってみようなんて考えながら


どシャローにチョロチョロ流れるインレットに倒木

926をキャスト

巻き巻きチュポッ。。。うわっ出たわ

そういや和○くんこのわんどで小バス釣ってたな・・・

反応あって良かったなっんっ?926消えてるし

合わせいれると手ごたえあるしかかってるし

とにかく巻いてネットイン

ホソっ

ナガっ

カメラ忘れてきたので上陸して携帯で記念撮影


ガリガリ・・・・

ですが、なんとなんと計測するとあるやん

これまで縁のなかったリザーバーのやってしまいました。

やっと壁を越えたって感じ

ガリガリでも別にいいのさ

きっとこれから先に繋がるバス

上陸ついでにオカッパリで倒木を攻める

1投目・・・ポチュッ

バスいてるやん

2投目・・・ドバッ!!!!キター

今度は良く引くぞ

ジャンプも交わして無事キャッチ


今度は良い感じのバスでした


結局ここだけって感じでその後は無反応

雨足も強くなり帰宅って感じです。

午後はどうしようかな




















Posted by オオタケ ユウキcomments(4)  trackbacks(0)

釣りの夢を見る

昼寝をしていてバスを釣る夢をみた

夢の中では2匹のバスを釣った

一匹は最小記録

鰯ぐらいの10センチに満たないくらいのバス

もう一匹はダコタ丸呑みで口が小さいバスでダコタを外すのになんぎした。

あんな小さいバスなんて釣れないしあそこまでルアー丸呑みなんてされたことない

あんな口の小さなバスなんていないし


実際に釣れたのは大きな雷魚

小さなバス

それよりも少し大きなバス

そしてもう少し大きなバス


さっきもバス釣りの夢をみてた

内容忘れてしまったけれど・・・

Posted by オオタケ ユウキcomments(0)  trackbacks(0)

FIELD RECORDING

9.26 FIELD RECORDINGに参加してきました。


夜明けとともに出艇



しげちゃん926であっさりキャッチ

これは釣れるぞと思いきや

ノーフィッシュで終了

バーべキューで腹いっぱい

今年初のマツタケまで頂きました。キコリさんご馳走様





優勝はこの二人



この人ももちろんボウズ

〆はお約束の





平山さん楽しい一日をありがとうございました。

参加されたみなさんロットン兄弟お疲れ様でした。


そして今日は残してきた宿題を果たしに我がホームへ

というよりダム大減水、川は濁流でさてどうしたもんか・・・

念の為と紀ノ川へ行くもこんな状態で浮かんだら昼には紀伊水道



わんどに行こう

ていうかわんどしかないやろう

926を投げる・投げる・投げる

雷魚はバイトしてくれるけれどもバスは?

926釣れるのか???

なんて疑心暗鬼

でも投げる

と ピックアップ寸前にバフォッっとナイスバイト

バスも出るやん926に対する信頼度UP

信じるものは救われるっと

ロングキャストした926にダフォッっとバイト

やったー!!!!

バラスナヨバラスナヨバラスナヨ

キャーッチ

やっぱ釣れると思わないと釣れへんね

宿題を果たせたー!メチャメチャ嬉しいバス

見えバスなんてバンバンいてて、釣れそうなんだけどここはあんまり釣れへんのよな

926のおかげってやつですね




増水で普段入れない場所まで入ってみる

四方が雑木に囲まれてのジャングルフィッシング

鯉とヘラしかおらんがななんて思いきや

最奥部バフォっとナイスバイト!


よう引いてくれて無事ネットへ



926で2本目

やったー!

日が差してきてからホッピーペラがキラキラと反射して効き目が増した感じ

気を良くしてもう一度見えバス◎地帯へ

こうなってくるとペラが回るか回らないかのスローな釣りも苦で無くなります。

でもってもういっちょ

直ぐ近くまで引いてきた926に向かって水底から魚雷がバコっ!

近すぎてビックリあわせ炸裂

反転していったバスはかなりのフットボールサイズ

残念だけど満足

雨降らんしお昼やし、嫁さんも休みやしこれにて終了

楽しかった〜

2日遅れででレコーディング無事終了。。。















Posted by オオタケ ユウキcomments(2)  trackbacks(0)

2人の兄貴とVol.2

関西でトップウォーターのカヤックフィッシングいや

トップウォーター界の松ちゃんといえば

ブライトリバーの松本さんをを思い浮かべる方が多いかも知れないが

僕の中ではマツブラ兄弟

Rottonの兄貴、マツブラの兄貴と3人でカヤックで川下り。

下流に1台車を置いて上流部から下っていく

カヤックを購入してからずっとやってみたいやってみたいと

考えていたことが二人の兄貴のおかげで遂に実現です。

ほぼ初めて釣りをするエリア

何が起るかドキドキですが

とのかく今日は川下りを楽しむって言うのがテーマ

車を移動させるのに待ってもらってる間にマツブラ兄貴に上流の調査をお願いする。

戻ってきてマツブラ兄貴に合流すると3バイト雷魚1本

雷魚でも釣れてくれた!良かったこれでマルボウズ回避

安心して川下りを開始します。


流れがある場所は水もきれいで気持ちが良い

途中良さそうなポイントには何人も鮎釣り師がいました

友釣りの時期は終ったのか?

すべてがコロガシという引っ掛けて鮎を釣る釣りをされてました。

釣れるならここかななんて予想を立てていた場所の手前(予想ははずれ)で

倒れた木のしたにハンドサムの新作ペンシルサイレントスナイパーに

ぴちゃって感じの静かなバイトにサイレントスナイパーが消しこむ

っん?雷魚?と軽く合わせをいれるといきなり強烈に走り出す

反転する際にバスの模様がみえた「バスや!」 確かな手ごたえ

「デカイ!デカイ!50UP!50UP!」

いつもは無言でやり取りをしている僕だが、あまりの手ごたえに大きな声を

張り上げてしまう。

強烈な突っ込みを交わして無事キャッチ

キャッチしてからも50釣れた50釣れたと二人の兄貴に騒ぎます。

「イタイ、イタイ」ってまた自分釣ったんかと思ってたわのマツブラ兄貴の突っ込み

デカイ口、親指に痛みが走るほどの鋭い歯

この体高に重みはやってもうた!キコリを抜いた!

しかしメジャーをあてると・・・よんじゅろくせんち

恥ずかしいながら5センチもサイズを間違えてしまってました。

画像ではわかりにくいかも知れませんが前半分は完全に50の魚体をしていたのです。


次は程なくしてマツブラ兄貴が


ロットン兄貴にもバイト、僕にもバイトがありましたが乗りません



反応があったエリアをもう一度上がってくるとロットン兄貴

いまさっき3人で叩いた後やのにそれは無理やろ

という僕の常識をあっさりと覆す兄貴の釣れたという声



流石にバス釣りを良く知ってるんだと、ほんまに尊敬です。




途中のオカッパリも川下りの楽しみの一つ


2.3日前の天気予報を見ていたもので、雨だと思っていて水分の用意が少なめで

暑さはかなりこたえました。

もう直ぐ目的地の最後のひとふんばり

流れ、倒木のシェードに淀み3点セットにまたまたサイレントスナイパー

今度はドファっと激しいバイト、引きはまたさっきみたいなの今度はジャンプも

でも恥ずかしいから声はださんとキャッチ



最後の最後にはおかっぱりのマツブラ兄貴に良いバイトがあったそうですが

残念ながら乗らず

歯型付いてますか?ぎょうさん付いてるからわからんかな?なんて会話が

でもプラグには3つの歯型が・・・



あ〜きょうはほんとうにたのしかったな〜


40前後のおっさんが約7時間、やってる時は分からなかったが

腕はパンパン、足にも力が入らない

ゴールで名古屋のピクシーをみてホッとした。



Posted by オオタケ ユウキcomments(10)  trackbacks(0)
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
09FirstFish
2009010620480000.jpg
PROFILE
LINKS